<< 胃ガンの郵送検診 | main | クラミジアの郵送検診 >>
大腸ガンの郵送検診
大腸ガンは日本人の食生活の欧米化によって急増しているガンです。進行するまで一般的に自覚症状はほとんどありません。進行すると便の中に血が含まれている状態になったり、便が黒くなったりします。また、下痢と便秘が繰り返しおこったり、体重の減少や腹痛がおこります。腫瘍で腸が細くなるために便が細くなったり、便秘がおこります。

早期では自覚症状はありませんが、大腸ガンは早期発見されれば、ほぼ100%完治するといわれていますので、症状がないうちに検査をすることが重要です。便に含まれる肉眼では見えない血液(潜血)を検査することで、主に下部消化管からの出血の有無(ヒトヘモグロビン潜血反応)が判明します。この検査によって、大腸の精密検査が必要かどうかがわかるのです。

大腸ガンの郵送検診では、検査物を送った後、約1週間で検査結果がわかります。大腸ガンはなにより早期発見が完治のために大切ですので、定期的に大腸ガンの検査をするようにしましょう。
大腸のための郵送検診キット
| 家庭検診(郵送検診) | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://checkup.19810726.net/trackback/417687
トラックバック