<< 健康診断と検査方法 | main | 肥満タイプチェック >>
家庭での健康診断・検査の種類
現在、家庭で受診できる健康診断の検査方法には以下のような種類があります。

肝臓検査、腎臓検査、前立腺ガン検査(採血と採尿をして検体を返送するもの)
肺ガン検査(痰を採取して検体を返送するもの)
大腸ガン検査(便を採取して検体を返送するもの)
子宮頸がん(専用の器具で粘膜の細胞を採取、さらに採尿をして検体を返送するもの)
心筋梗塞、狭心症、不整脈などの心臓疾患検査、睡眠時無呼吸症候群検査(測定器具で就寝時に測定し、測定器具を返送するもの)
体脂肪検査(家庭用のものより正確な測定器具で測定し、測定器具を返送するもの)
各種性病検査、妊娠検査、骨粗鬆症検査(採尿して検体を返送するもの)
リウマチ、貧血、通風などの血液検査(採血して検体を返送するもの)

検体を返送する時には、クール宅急便で検査する機関に検査する検体を返送します。
このような検査を複数することによって、健康診断としての目安になります。

しかし、不安がある場合には、医師による健康診断、精密検査を受けることをお勧めします。
| 家庭検診(郵送検診) | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://checkup.19810726.net/trackback/411752
トラックバック