アトピー性皮膚炎の主な要因
アトピー性皮膚炎の主な要因には、遺伝的な体質、埃やダニの死骸によるアレルギー反応、特定の食べ物に対するアレルギー反応などがあります。
これにストレスが加わることで、悪化する場合もあります。
これらがそれぞれに関連して慢性的な湿疹となって、アトピー性皮膚炎という症状になるのです。

最近では、スキンケアで皮膚のバリア機能を高めることがアトピー性皮膚炎の症状の軽減に有効といわれています。
スキンケアによって、雑菌が増殖するのを抑えられ、肌への刺激に対する過剰な反応も抑えられます。
また、肌を乾燥させないようにすることも大切です。
肌を乾燥させないことで、かゆみを抑えて掻き傷から雑菌がはいることを防ぎます。
| アトピー性皮膚炎 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
アトピー性皮膚炎のチェック
一般的なアトピー性皮膚炎の症状とされるものとしては、以下のようなものがあります。

・皮膚が赤くなっている。
・かゆみがある。
・皮膚が乾燥している。
・寒い日に外出すると痒みや炎症が出る。
・入浴後に痒みや炎症が出る。
・ストレスを感じると痒みや炎症が出る。
・汗を多くかいた時に症状が出る。
・日光にあたると痒みや炎症が出る。
・手のひらに湿疹がある。
・手のひらや指先の皮がむけて、ひび割れる。

以上の項目の中で3〜4つほど当てはまるものがあれば、アトピー性皮膚炎の可能性がありますので、早めに皮膚科の医師に相談してみることをお勧めします。
| アトピー性皮膚炎 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎とは、アトピー(アレルギー)要因を遺伝的に持っている人におこる湿疹です。
強いかゆみがあり、よくなったり悪くなったりを繰り返して症状が進んでいくという特徴があります。
アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられています。

色々な原因や症状があるため、治療をしても完治する決め手がないのが実情です。
しかし、適切な治療で症状がコントロールされた場合、慢性にならず自然に治ることも期待できる病気です。
アトピー性皮膚炎の基準としては、「慢性、反復性経過」「特徴的な皮疹と分布」「かゆみ」があります。
| アトピー性皮膚炎 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |