保健所や市町村によるガン検診
地域、事業所、学校など集団で受ける健康診断では、レントゲン撮影、血液検査、検尿、血圧測定、問診などが行われます。このような総合的な健康診断以外に、保健所と市町村によって乳ガン、子宮ガン、肺ガン、胃ガンなどのガン検診が行われています。

主に、子宮ガン検診では子宮頚部細胞診という検査が、乳ガン検診ではマンモグラフィ撮影や胸部の視触診が、胃ガン検診では胃のレントゲン撮影による検査が、それぞれ行われています。もし、このような検査で異常が発見された場合には、精密検査を受けるように指示が出されます。

近年、日本において、子宮ガン、胃ガンによる死亡率が減少し、また胃ガンなどの生存率が向上してきたことには、ガン検診や健康診断が普及してきたことが大きく貢献しているといえます。
| ガン検診 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
子宮頸ガン
子宮頸ガンの検診は、30代から50代の女性に必要とされます。子宮頸ガンは日本人に多いですが、早期発見することで、ほぼ100%治療できると言われています。検診によって、ガンになる前の異型細胞の段階でも発見することができます。

扁平上皮ガンが子宮頸ガンの約95%を占めます。このガンは性生活やSTD(性感染症)と深い関係があります。そのため、セックスの経験がある方は若くても定期的に子宮頸ガンの検査で健康診断をすることが必要です。30歳以降の方は、子宮頸ガンの健康診断を半年〜1年に1度は受けることが望ましいです。

家庭で出来る検査方法としては、自分で採取器具を膣内に挿入し、検体を採取して郵送する方法があります。この検査で、真菌、カンジダ、トリコモナスなどの感染の有無も同時に調べられ、検査結果は約1週間で返送されます。
| ガン検診 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
前立腺ガン
40歳を超えた男性には、残尿感がある、尿が出にくい、途中で途切れるなどの排尿の悩みを経験されている方が多いです。これらの症状は、尿道や膀胱が前立腺の肥大によって圧迫されて起こります。前立腺肥大症は前立腺に良性のこぶができておこる病気で、前立腺ガンと前立腺肥大症は日本でも増加しつつあります。

前立腺の状態は、血液中のPSA値(前立腺特異抗原)を測定する方法で調べることが出来ます。家庭でできる前立腺の検査方法としては、自己採血キットを使う方法があります。指先から数滴、血液をろ紙に落としてPSA値を調べ、それを郵送することで検査結果が約2〜3週間で返送されます。

PSAは、前立腺がんの集団検診など、一般的な健康診断でも行われる血液検査です。前立腺肥大症やガンの場合にPSA値は高い値を示します。
| ガン検診 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |