生活習慣病に対する健康診断の重要性
健康診断を受けることは、生活習慣病の早期発見や改善にとても重要なことです。生活習慣病は、一般的に痛みなどの自覚症状がないまま発症し、少しずつ進行していくので、そのままの生活をしていくと重篤な症状になり、結果として要介護状態や死亡に到る可能性があるのです。

健康診断はただ受ければよいものではなく、その結果を活かすことが大切です。もし、検査の結果に異常がみられた場合には、生活習慣の改善のアドバイスがありますので、それを参考にして生活習慣を変えることを心がけましょう。もし健康診断の結果、精密検査が必要という指示があった場合には、心配しすぎずに、できるだけ早急に精密検査を受けるようにしましょう。

健康診断の結果が正常であった場合でも、前年やそれ以前の年の検査の結果と比較してみて、自分自身の体の状態を把握しましょう。検査結果の数値が年々異常範囲に近づいてきているようならば、生活習慣を見直したり、改善していくことを考えなければならない場合もあります。

健康診断は最低でも1年に1回は受診するようにして、生活習慣病の早期発見や予防に役立てましょう。
| 生活習慣病予防 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
糖尿病
糖尿病の予防早期発見のためには健康診断が必要です。自覚症状は、初期の段階では、まったくといっていい程ありません。のどが渇く、疲れやすい、だるい、尿の量・回数が多い、勃起不全、性欲減退などの症状があった場合でも、これらの症状が糖尿病に限った事ではないので、放置されることも多くあります。

糖尿病の状態である高血糖をそのまま放置しておくと、合併症を発症します。糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、神経障害(こむら返り、手足のしびれ、痛み、立ちくらみ)、などが代表的な合併症です。他にも、心筋梗塞の人の約三分の一、脳梗塞の人の約半数が糖尿病です。また、血行障害がおこり、ひどい場合は指や足を切断するという状態になることもあります。

日本の糖尿病人口が予備軍を含めると1600万人を超えるといわれる現在、誰もが糖尿病になる可能性を持っていると言えます。早期発見によって糖尿病になる可能性を小さくすることができますので、定期的な健康診断を受けることが大切です。

糖尿病郵送検診キット
| 生活習慣病予防 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
生活習慣病の予防・治療
現在、糖尿病患者が約1,620万人、高血圧患者が約3,500万人、高脂血症患者が約2,630万人、日本には居るといわれています。

この3つの病気は、それぞれが原因や結果になりながら合併症を誘発する場合もあります。合併症になると治療が難しくなってくるのです。糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病になる前に、それを予防することが大切です。

生活習慣病は、初期にはほとんど自覚症状がなく、気付かないうちに病気が進行していきます。定期的な健康診断によって早期に病気を発見することで、早く治療を始めることが出来るのです。
| 生活習慣病予防 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康診断で生活習慣病を改善
定期的に健康診断をすることで、生活習慣病の予防や発見につながります。

生活習慣病は、遺伝的な体質や加齢もその原因ですが、個人の生活習慣によっても引き起こされるものです。悪い習慣(タバコや酒の飲み過ぎ、睡眠不足、運動不足、ストレス、不規則な食生活など)が、生活習慣病を引き起こす原因になるのです。

健康診断や血液検査をすることで、病気の兆候や進行を自覚でき、生活習慣を改善するための目安になります。生活習慣病は知らず知らずのうちにその症状が進行している場合が多い病気です。

代表的な生活習慣病は、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」です。
これらの病気を放置しておくと動脈硬化になり、脳卒中、心臓病などの重大な病気になる可能性があります。

定期的な健康診断によって、重大な病気になる前に生活の悪い習慣を改め、生活習慣病を予防、改善していくことができるのです。
| 生活習慣病予防 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |