大腸ガンの郵送検診
大腸ガンは日本人の食生活の欧米化によって急増しているガンです。進行するまで一般的に自覚症状はほとんどありません。進行すると便の中に血が含まれている状態になったり、便が黒くなったりします。また、下痢と便秘が繰り返しおこったり、体重の減少や腹痛がおこります。腫瘍で腸が細くなるために便が細くなったり、便秘がおこります。

早期では自覚症状はありませんが、大腸ガンは早期発見されれば、ほぼ100%完治するといわれていますので、症状がないうちに検査をすることが重要です。便に含まれる肉眼では見えない血液(潜血)を検査することで、主に下部消化管からの出血の有無(ヒトヘモグロビン潜血反応)が判明します。この検査によって、大腸の精密検査が必要かどうかがわかるのです。

大腸ガンの郵送検診では、検査物を送った後、約1週間で検査結果がわかります。大腸ガンはなにより早期発見が完治のために大切ですので、定期的に大腸ガンの検査をするようにしましょう。
大腸のための郵送検診キット
| 家庭検診(郵送検診) | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
胃ガンの郵送検診
胃ガンは、集団検診では、バリウムと発泡剤を飲んで胃を膨らませて撮影する健康診断方法がとられています。最近では、ガン検診や健康診断などを受けることで胃ガンの自覚症状がないうちに早期発見できる場合が増えてきました。40歳以降の方は、毎年、胃ガン検診などの健康診断を受けることが、胃ガンの早期発見をするために必要です。

また、胃粘膜が萎縮するのに比例して胃ガンの発生は多くなります。いわゆる慢性胃炎とは、胃粘膜が萎縮し、胃液の酸度が低くなった状態のことです。食欲不振、胸焼け、胃のもたれなどの症状がある胃炎を繰り返していくうちに、慢性胃炎に以降していくのです。慢性胃炎の原因としては、アルコール、喫煙、塩分の多い食生活、ストレス、ヘリコバクター・ピロリ菌などが挙げられます。

胃ガンの郵送検診では、血液中のペプシノーゲン値を検査して胃粘膜の萎縮があるかどうかを調べる方法がとられています。この検査はX線検査よりも早期胃がんの発見率が優れていて、最近注目されている健康診断方法です。郵送検診には指先から数滴の血液を自己採血キット所定のろ紙に落として送ります。血清ペプシノーゲン値が検査され、胃粘膜萎縮の状態が判明します。検査結果は約2〜3週間でわかります。
| 家庭検診(郵送検診) | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
肺ガンの郵送検診
病院などで健康診断を受けるのにためらいを感じる方には、自宅でできる「郵送検診」という健康診断の方法があります。

肺ガンについてご説明します。近年、日本では肺ガンはガンによる死亡率の第1位になりました。肺ガンの要因のうち、喫煙が大きな要因であるいう研究結果が挙げられています。日本の男性の喫煙率は先進国ではトップであり、女性の喫煙者も増えてきています。また喫煙は、その周囲の人にも影響があるといわれています。肺門型肺ガン(肺の入り口にできるガン)は喫煙との関係が深く、レントゲンに写りにくいガンです。しかし、痰の細胞検査をすることによって、痰の中のガン細胞を発見することができるのです。

肺ガンの郵送検診では、3日間の痰を取ってそれを郵送すると、約1週間で検査の結果がわかります。
年齢にかかわらず、肺ガンの検査を定期的に受けることをお薦めします。
| 家庭検診(郵送検診) | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
骨粗しょう症
骨粗しょう症とは、加齢に伴い骨のカルシウムの量が減ってくることで骨密度が減少し、骨がどんどんもろくなる病気です。特に50歳を超えた閉経前後の女性に多くみられます。初期では症状はありませんが、症状が進むと骨折しやすくなったり、腰が曲がったりします。

現在では発病してからでも運動療法や食事療法、投薬による治療などが可能になったのですが、やはり健康診断を受けることによって早期に発見し、普段の生活を改善して病気の進行を防ぐことが大切です。

骨粗しょう症の検査方法としては、骨量検査が一般的です。MD法(人差し指の付け根の骨を調べる)の他、背骨、かかと、手をレントゲンや超音波で調べる方法が取られています。

また、自宅で出来る郵送検診による検査では、問診表と合わせて、尿の中に含まれるナトリウム、リン、カリウムの量を測定して、骨の状態が検査されます。郵送検診では検査物を送ってから約1週間で結果がわかります。
骨粗しょう症郵送検診キット
| 家庭検診(郵送検診) | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
家庭での健康診断・検査の種類
現在、家庭で受診できる健康診断の検査方法には以下のような種類があります。

肝臓検査、腎臓検査、前立腺ガン検査(採血と採尿をして検体を返送するもの)
肺ガン検査(痰を採取して検体を返送するもの)
大腸ガン検査(便を採取して検体を返送するもの)
子宮頸がん(専用の器具で粘膜の細胞を採取、さらに採尿をして検体を返送するもの)
心筋梗塞、狭心症、不整脈などの心臓疾患検査、睡眠時無呼吸症候群検査(測定器具で就寝時に測定し、測定器具を返送するもの)
体脂肪検査(家庭用のものより正確な測定器具で測定し、測定器具を返送するもの)
各種性病検査、妊娠検査、骨粗鬆症検査(採尿して検体を返送するもの)
リウマチ、貧血、通風などの血液検査(採血して検体を返送するもの)

検体を返送する時には、クール宅急便で検査する機関に検査する検体を返送します。
このような検査を複数することによって、健康診断としての目安になります。

しかし、不安がある場合には、医師による健康診断、精密検査を受けることをお勧めします。
| 家庭検診(郵送検診) | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
家庭での健康診断の検査方法
在宅健康診断には、2種類の健康診断方法があります。

まず、医師が家庭に往診することで行う健康診断があります。
もう一つは、検査器具を家庭に届けてもらい、それで採取した検体や結果を検査機関に返送して行う健康診断です。

後者は、2000年代から始まった検査方法です。
コンビニエンスストアからでも申し込みが出来るサービスがあるために「コンビニ検診」とも呼ばれています。
現在では、家庭で自分で行う健康診断の検査種類も様々なものが行えるようになりました。

申し込み方法は、電話やインターネット、コンビニの店頭などがあり、料金は数千円位が多いようです。
| 家庭検診(郵送検診) | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |